The International Academy of Pathology Japanese DivisionThe International Academy of Pathology Japanese Division
The International Academy of Pathology Japanese Division

セミナーのお知らせ

Educational Seminars

2016年 IAP日本支部病理学教育セミナーのお知らせ
“金沢で究める! 最新の病理診断学”
日時: 2016(平成28)年11月12日(土)
場所: 金沢大学 宝町(附属病院・医学部)キャンパス
(〒920-8640 石川県金沢市宝町13-1)
会長: 原田 憲一
(金沢大学医薬保健研究域医学系 人体病理学)
IAP 日本支部主催 日本病理学会後援

 

参加登録期間:2016年8月10日(水)12:00 〜 9月30日(金)12:00まで
参加登録を終了しました。多数のご登録ありがとうございました。

● IAP日本支部病理診断講習会(旧 教育シンポジウム) (午前の部) 9:00-11:45

テーマ: 肝胆道系疾患の新潮流
モデレーター: 原田 憲一
演 者: 1.原田 憲一
肝胆道系疾患の多様性
  2.全 陽(神戸大学大学院医学部附属病院病理診断科)
肝胆道炎症性疾患:診断のcluesとpitfalls
  3.相島 慎一(佐賀大学医学部病因病態科学診断病理学分野)
肝胆道腫瘍の鑑別診断とpitfalls

*今年からIAP病理学教育セミナー「教育シンポジウム」が「病理診断講習会」と改変され、従来のシンポジウム形式が、1時間の講演×2コマと30分程度のミニレクチャーになります。

● 第56回総会(お昼) 12:00-12:30

 

● スライドセミナー (午後の部)

1時限目 13:00〜15:00
*A-1 頭頸部腫瘍の病理(鼻副鼻腔中心) 湊 宏
(金沢医科大学 臨床病理学)
B-1 胃の腫瘍と腫瘍様病変 九嶋 亮治
(滋賀医科大学医学部附属病院 病理診断科)
C-1 新WHO分類にもとづく乳腺腫瘍の病理診断 市原 周
(国立病院機構名古屋医療センター 病理診断科)
D-1 臨床に役立つ泌尿器(腎・尿路)の病理 都築 豊徳
(愛知医科大学医学部 病院病理部)
2時限目 15:15〜17:15
*A-2 小児腫瘍 田中 祐吉
(神奈川県立こども医療センター 病理診断科)
B-2 免疫染色診断学の基礎と応用 伊藤 智雄
(神戸大学医学部附属病院 病理部 病理診断科)
C-2 悪性リンパ腫の病理 中村 直哉
(東海大学医学部 基盤診療学系病理診断学)
D-2 肺癌の病理 野口 雅之
(筑波大学医学医療系 診断病理学)
石川 雄一
(公益財団法人がん研究会がん研究所 病理部)

*印は新規コース。

● 参加方法

本ページにてオンライン申し込み 
  申し込み期間:2016年8月10日(水)〜9月30日(金)まで

● 受講料

今年から下記のように変更となりました
  一般会員 ジュニア会員 シニア会員

非会員

午前の部

病理診断講習会
5,000円 3,000円 無料 8,000円

午後の部
スライドセミナー

(1コース)
10,000円 5,000円 10,000円 15,000円
※病理診断講習会はハンドアウト代を、スライドセミナーはバーチャルスライド閲覧・ハンドアウト代を含みます。

● 取得単位数

(午前の部)病理診断講習会
※日本専門医機構認定専門医更新基準における病理領域講習
1コマ、1時間×2コマ:2単位
※日本病理学会病理専門医資格更新単位:5単位
ミニレクチャーは単位取得なし

(午後の部)スライドセミナー
※日本専門医機構認定専門医更新基準における病理領域講習
1コース、2時間:2単位
2コース、4時間:4単位
※日本病理学会病理専門医資格更新単位:10単位

 午後のスライドセミナーで取得できる単位は最大10単位までです。
 また、専門医機構専門医資格更新単位との併用は出来ません。

専門医更新単位は、病理診断講習会の受講で2単位、スライドセミナー2コースの受講で4単位と、1日で最大6単位の取得が可能になります。

● 受講に関して

昨年までは午前の部(旧 教育シンポジウム)は当日の参加受付となっておりましたが、本年より、午前・病理診断講習会、午後・スライドセミナーともにWeb申し込みのみになります。また、Web上での参加申し込みだけでなく、指定した締切日までに受講料のご入金(銀行振込)が必要となります(当日会場での支払いは原則的に受け付けません)。申し込みのみで未入金の場合、事前の重要資料(領収書、ハンドアウト引換券、スライドセミナー用バーチャルスライド閲覧のためのパスワード等)の郵送が出来ません。特に昨年までに参加されたことのある先生方は、以上の変更点にご注意ください

● バーチャルスライドについて

バーチャルスライドは、Leicaのバーチャルスライドシステムにてご参照いただきます。下記のマニュアルを参照し、ご覧下さい。 ※各コースごとにID、パスワードが必要になりますが、10月中旬頃に「受講案内」と共に送付の予定です。

・バーチャルスライドと臨床情報 臨床情報の閲覧方法について
 (Windows PC / MacintoshPC版))

 

● お問い合わせ

IAP 日本支部 教育委員長 長尾 俊孝
東京医科大学人体病理学分野
〒160-0023 東京都新宿区西新宿6-7-1
TEL:03-3342-6111 FAX:03-3342-2062
Email:pathol-1@tokyo-med.ac.jp(事務担当 田中・篠田)


About JDIAPMembershipEducational SeminarsUpcoming MeetingsNews BulletinLinksContact JDIAP

copyright(c) The Japanese Division of the International Academy of Pathology