The International Academy of Pathology Japanese DivisionThe International Academy of Pathology Japanese Division
The International Academy of Pathology Japanese Division

あああ

About JDIAP

【IAP日本支部発足40周年記念特別賞(2002年)】
江頭 靖之
石川 栄世
福田 芳郎
遠城寺宗知
鈴木 実
町並 陸生
【IAP日本支部功労賞】
2017年 黒田 誠
2013年 諸星 利男、橋本 洋
2011年 岩政 輝男、長村 義之
2009年 森 茂郎、山邉 博彦
2007年 浅野 伍朗、櫻井 勇
2005年 牛込 新―郎
2003年 丸山 孝士
2002年 赤木 忠厚
 
【IAP日本支部特別功労賞】
2010年 Steven G. Silverberg
2004年 Philip W Allen
2003年 Moon-Ho Yang
2002年 Robin A Cooke, Jack P Strong
 
【Silverberg病理診断教育賞】
2017年 白石 泰三
2013年 岩崎 宏、真鍋 俊明、向井 清
2011年 恒吉 正澄
2009年 渡辺 英伸、 加藤 洋
2007年 下里 幸雄、 菊池 昌弘
 
【病理診断学術奨励賞受賞者】(応募順、敬称略)
【2018年】
大石 直輝
山梨大学大学院総合研究部医学域人体病理学講座
論文:Molecular alterations of coexisting thyroid papillary carcinoma and anaplastic carcinoma: identification of TERT mutation as an independent risk factor for transformation.
雑誌名:Mod Pathol 2017; 30: 1527-1537
 
木原 淳
自治医科大学医学部病理学講座統合病理学部門
論文:Clinicopathologic association and prognostic value of microcystic, elongated, and fragmented (MELF) pattern in endometrial endometrioid carcinoma.
雑誌名:Am J Surg Pathol 2017; 41: 896-905
 
津山 直子
がん研究会がん研究所病理部
論文:BCL2 expression in DLBCL: reappraisal of immunohistochemistry with new criteria for therapeutic biomarker evaluation.
雑誌名:Blood 2017; 130: 489-500
 
【2017年】
浦辺 雅之
東京大学医学部付属病院 病理部
論文:Pathologic Response of HER2-positive Gastric Cancer to Trastuzumab-based Chemotherapy.
雑誌名:Am J Surg Pathol 2016; 40: 1326-33
 
藤倉 航平
神戸大学医学部付属病院 病理診断科
論文:BSEP and MDR3: Useful Immunohistochemical Markers to Discriminate Hepatocellular Carcinomas From Intrahepatic Cholangiocarcinomas and Hepatoid Carcinomas.
雑誌名:Am J Surg Pathol 2016; 40: 689-96
 
湯澤 明夏
旭川医科大学病院病理部
論文:Clinical impact of targeted amplicon sequencing for meningioma as a practical clinical-sequencing system.
雑誌名:Mod Pathol 2016; 29: 708-16
 
【2016年】
佐藤 啓
愛知医科大学 病院病理部
論文:Epstein-Barr virus (EBV)-positive sporadic burkitt lymphoma: an age-related lymphoproliferative disorder?
雑誌名:Am J Surg Pathol 2015;39(2):227-235
 
谷口 恒平
広島市立広島市民病院 病理診断科
論文:Frequent MYD88 L265P and CD79B Mutations in Primary Breast Diffuse Large B-Cell Lymphoma.
雑誌名:Am J Surg Pathol 2016;40(3):324-334
 
冨田 さくら
東海大学 基盤診療学系病理診断学
論文:Genomic and immunohistochemical profiles of enteropathy-associated T-cell lymphoma in Japan.
雑誌名:Mod Pathol 2015;28(10):1286-1296
 
【2015年】
高橋 友香
岡山赤十字病院 病理診断科
論文:Clinicopathological analysis of 17 primary cutaneous T-cell lymphoma of the γδ phenotype from Japan
雑誌名:Cancer Science, vol. 105(7): 912-923, July 2014
 
山田 裕一
九州大学大学院医学研究院形態機能病理
論文:Activation of the Akt-mTOR Pathway and Receptor Tyrosine Kinase in Patients With Solitary Fibrous Tumors
雑誌名:Cancer 120(6): 864-76, 2014
 
2014年 松原 大祐 林 詠子 松原 亜季子  
2013年 吉田 朗彦 菅野 宏美    
2012年 大迫 智 前田 大地 浅野 直子  
2011年 牛久 哲男 孝橋 賢一 立石 陽子  
2010年 山口 浩 高田 尚良 竹内 賢吾  
2009年 大石 善丈 川崎 朋範 佐藤 康晴 篠崎 綾
2008年 青木 光希 山本 宗平    
2007年 羽賀 博典 松山 篤二    
2006年 加留部 謙之輔      
2005年 全 陽 山元 英崇    
2004年 蒲池 綾子 久岡 正典    
2003年 相島 慎一 長尾 俊孝 森谷 鈴子  
2002年 小田 義直 黒田 直人 三上 芳喜  

About JDIAPMembershipEducational SeminarsUpcoming MeetingsNews BulletinLinksContact JDIAP

copyright(c) The Japanese Division of the International Academy of Pathology